私は平成23年秋、彦根市の教育長を拝命、36年ぶりに故郷に帰ってまいりました。 彦根市では初の民間出身教育長として、ビジネス経験とグローバルな視点を生かし、精一杯仕事をさせていただきました。 この間、教育だけに留まらない様々な彦根の課題に対する市民の皆様の声をお聞きしました。 平成27年9月に教育長を辞したのち、20代の若者と地方創生・教育関係の仕事をし、大いに刺激を受けました。 私なら彦根をこう変えていけるとの思いが、日に日に強くなりました。

次の世代へ・未来へ、彦根を確かに引き継いでいくために、地域経済の再生・活性化に取り組み、 『彦根は変わらない』から『彦根は変わってきた』と実感していただける結果を出すことで、 ふるさと彦根に恩返しをさせていただきたいと考えております。

日本は今、急速な人口減少社会が進展し、地方創生という名の地方自治体間の生き残りをかけた熾烈な戦いが始まっています。 彦根が伝統と誇りを持った地方中核都市として発展していくために、今こそ斬新なアイデアを以て、未来の彦根をデザインする必要があると確信しております。 どうか皆様のご指導ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。